投稿日:

世界にひとつだけ!自作iPhoneケースの作り方&おしゃれなデザインまとめ

iPhoneを使用している人の多くがiPhoneケースを使用していますが、iPhoneケースは数多く販売されているとは言っても、定番のiPhoneケースを使用していたりすると身近な人とかぶってしまったり、いいデザインのものは高くて買えないなどといったことも少なくありません。

そこで、今回はiPhoneケースを自作する方法やデザインを紹介しますので、世界にひとつだけのオリジナルiPhoneケースが欲しいという人は参考にしてみてください。

クリアケースを活用する

100円ショップなどでも売られている透明なiPhoneケースを活用すると非常に手軽にオリジナルなものが作れます。

UVレジンを使用すれば手軽に作ることが出来るので気分に応じてiPhoneケースを使い分けるなども簡単です。

切り抜きなどを挟むだけ

最も手軽なオリジナルiPhoneケースの作り方としては、クリアケースとiPhoneの間に雑誌やお菓子の箱などの切り抜きなどを挟むだけというものです。

お気に入りのポストカードなどをちょうどいいサイズに切って使用したり、好きなアニメキャラや人物などでも良いでしょう。

本体の色と相まってゴージャスに

UVレジンとキラキラなラインストーンやスワロフスキーを組み合わせて作られたiPhoneケースですが、本体の色と相まって装着する前と後ではかなりイメージが異なるのが特徴です。

絵に自信があるならチャレンジ

絵が得意な人であれば透明なiPhoneケースや無地のiPhoneケースに絵を書いてみるのも良いのではないでしょうか。

イラストなどをシールに印刷して、貼り付けるなどといった方法も一般的です。

自作なら本物も使える

市販されているiPhoneケースで本物のお花が使用されているものはあまり見かけませんが、自作なら本物の花を押し花のようにしてiPhoneケースの中に入れることが可能です。

本物ならではの見た目は自作ならではのものです。

ボンドで貼るだけ

自分の気に入った布などがあったら、それを市販されている適当なiPhoneケースにボンドで貼り付けるだけでオリジナルのiPhoneケースが完成します。

ボンドで貼り付けるだけという手軽さなので、充電ケーブル用の穴やカメラ用の穴などを開ける必要はありますが、布とボンドさえ用意すればすぐに作ることが出来るのが魅力です。

プラモデル感覚で

プラモデルなどが好きな人であれば、iPhoneケースを好きな色にスプレー塗装しエンブレムなどを貼り付けるだけでもオリジナルiPhoneケースを作ることができます。

クリアーを吹き付けることで鏡面仕上げにすると高級感がアップします。

マスキングテープで

近年流行中のマスキングテープを貼るだけでオリジナルスマホケースの完成です。

マスキングテープを直接貼るのではなく、マスキングテープを貼った紙を挟むのがポイントとなります。

好みのマスキングテープを組み合わせることでよりオリジナル感が出せます。

古着をリメイク

もう着れなくなってしまった古着などをスマホケースとしてリメイクすることが出来ます。

接着芯などを使用すれば手帳型のも手軽に作ることが出来ますし、厚紙とボンドでも問題なく作れます。

自作のスマホケースというと手帳型はハードル高いと思われがちですが、上手く裁断できれば難しくありません。

手軽にキラキラ

好きなケースにスワロフスキーやシールなどを貼り付けるだけの簡単オリジナルiPhoneケースです。

なかなか売っていないようなデザインであったり、カラーリングなども自由に作れますし、個性爆発なゴテゴテのものも簡単に作れます。

既成品をオリジナルに

既成品のスマホケースをスワロフスキーなどで装飾してあげると、全く違った印象を与えるオリジナルスマホケースに生まれ変わるでしょう。

元々のイラストなどを活かすためには透明なものなどで装飾してあげると際立ちます。

手帳型も市販のケースを使用で手軽に自作

手帳型のスマホケースを自作するのはハードルが高いと思われがちですが、iPhoneを取り付ける部分に既成のスマホケースを使えば手軽に作れます。

素材は布以外にも様々なものが使用できますので工夫次第ですし、機能性もカードを入れられるスペースを作るとさらに便利になります。

メタリックヤーンでスマホケース

専用のキャンバスに綺麗なメタリックの糸を刺繍のように縫い付けていくメタリックヤーンをスマホケースに応用することが出来ます。

スマホケース以外にもキーホルダーなどを同じデザインで作ることも出来るので持っているアイテムに統一感が出てオシャレです。

マニキュアで簡単マーブル模様

余ったマニキュアなどがあったらトレーにお水を張り、好きな色のマニキュアを流し入れつま楊枝などで線を引くとウォーターマーブル模様になります。

そこに透明なスマホケースを静かに入れ、マニキュアが付いたら取り出して乾かせば完成です。

ネイルシールを貼るとよりオシャレになります。

最後にトップコートで仕上げをするときれいになります。

ストーリー感のあるスマホケースも自作なら

波の音も聞こえてきそうな砂浜をイメージしたオリジナルスマホケースですが、UVレジンやイラストなどを活用することで、意外と手軽に作れるのがポイントです。

100円ショップなどで売られている小物と合わせることでストーリー感を演出することが出来ます。

自作のスマホケースを簡単に作るならスマホラボ

自作のiPhoneケースなどを紹介してきましたが、手軽なものから本格的なものまで幅は広くそれぞれのスキルに応じて作ることが可能です。

しかし、自作には時間がかかりますし、ある程度手先が器用でないと難しいです。

時間もスキルもないよという人は、スマホラボのオリジナルスマホケース作成サービスが良いでしょう。

様々な形のものがあり、1個からリーズナブルに作れるので時間がない人でも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA