投稿日:

100円ショップの材料で作る!手作りスマホケースで個性をアピールしよう!

ガラケーからの移行が進み、スマートフォンは一般的な存在になりました。

本来の携帯電話としての役割はもちろん、メール・インターネット・ゲームやそのほかのアプリなどによって、日常生活でスマートフォンを使う時間が多くを占める人も少なくありません。

一つのスマートフォンで友達と動画を見るケースもあります。

人前で使うことも多いスマートフォンだからこそ、機能だけではなくデザインも重要になってきます。

スマホケースの役割や種類

ガラケーの場合は、携帯電話本体のカラーリングが豊富だったりと、本体そのものでおしゃれをしようという場合が多かったです。

また、ストラップをつける文化もありました。

一方、スマートフォンの場合、本体はシンプルなデザインで、代わりに専用のケースに入れることでおしゃれをするのが大半です。

スマホケースのメリットは、ケースが保護の役割を果たしてくれるので、スマホを落としても壊れるのを防げるところです。

スマホケースには、背面を保護してくれるものから、手帳型で背面だけではなくタッチパネル面も保護してくれるものもあります。

スマホケースは、キャラクターや写真や模様など、さまざまなデザインが施されたものが販売されています。

手作りスマホケースには無地や透明のケースが役に立つ!

市販のデザインから好きなものを選ぶのもよいですが、「好みのものがない」「個性的なデザインにしたい」などの場合、スマホケースを手作りするという選択肢があります。

スマホケースを手作りするときに役に立つのは、無地のケースや透明のケースです。

無地ケースのカラーをベースとして活かしてデザインするか、透明ケースでスマホ本体の色を活かしたりまたは透けているのをオシャレの一つとして活かすか、好みの方を選びます。

手っ取り早く簡単にデザインしたいなら

ケースを用意したら、手作りに入ります。

一番手っ取り早いアレンジ法は、油性ペンやマニキュアで直接ケースにデザインを描く方法です。

このとき、透明なケースの場合は、ケースの内側から描けば摩擦で柄が削れるのを防ぐことができます。

内側から描く場合は、外から見たときに左右反転するので、描くときは注意が必要です。

手描きに自信がないという場合は、印刷した紙を透明ケースの内側に挟むという方法があります。

自分でパソコン上でデザインを作れば、よりスタイリッシュなデザインとなります。

また、お気に入りの写真をケースのデザインとして印刷することもできます。

印刷はすぐにできるので、その時の気分で違うデザインにすることができます。

ちょっと手の込んだデザインにしたいなら

また、デコレーション用のストーンを買ってきて、接着剤などで無地のケースに貼り付けてデザインする方法もあります。

立体的でより本格的なデザインにすることが可能です。

ストーンの色もいろいろあるので、組み合わせれば好みのデザインにすることができます。

スマホケースのデザインにはマスキングテープも役に立ちます。

複数の柄のテープを貼り合わせることで、おしゃれで可愛いデザインが作れます。

失敗したときに貼り直せるのもマスキングテープの魅力です。

裁縫の技術があるなら、布を使ってケースを作ることもできます。

また、市販の手帳型スマホケースに布を貼り付けたり、縫い付けたりして、新たなデザインを作ることも可能です。

発想次第でさまざまなデザインを作れるのが手作りスマホケースの魅力です。

リーズナブルに済ませるのも、高級にこだわるのも自分次第!

基盤にするケースを別とすれば、上記のアイデアはすべて、百円ショップでも手に入る材料です。

手作りスマホケースを用意するのに大きな費用はかからないのです。

もちろん、高級な材料でこだわりの一品を作ることもできます。

一般的には、材料は価格が高い方が耐久性が高かったりとメリットが多いです。

リーズナブルな価格でお手軽に作るか、お金をかけて高品質にこだわるか、自分に合ったスタイルを選べます。

手作りスマホケースのメリットいろいろ

また、ずっと使うものだから、妥協をせずに自分の望むデザインにしたいという場合、手作りスマホケースは最適です。

自分だけのオリジナルスマホケースなら、友達にも個性をアピールできます。

自分で作ったものだから愛着も湧いて、市販品よりも大切に長く使おうという意識にもつながります。

また、デザイン業をしている人や、オリジナルキャラクターを販売している人の場合は、スマホケースそのものが作品として宣伝の役割を果たしてくれます。

手作りスマホは自分の作品を世の中にアピールする大きなチャンスになるのです。

一方、既存のキャラクターで、好みのデザインのケースが売られていなかった場合には、欲しいスマホケースを自分で作るという選択肢があります。

作ったケースを販売したら法律に触れてしまいますが、個人で作って楽しむ分にはまったく問題がありません。

このように、さまざまな方面の人にとってメリットを発揮するのが手作りスマホケースなのです。

スマホケースを手作りする方法やメリット

日常でよく使うスマホだからこそ、スマホケースのデザインにこだわりたい人は多いです。

市販のもので満足できないときには手作りする方法があります。

無地や透明のケースに油性ペンで描く、印刷した紙を挟む、デコストーンを使うなどさまざまな方法で手作りデザインをすることができます。

ケース以外の材料は百円ショップで集めることも可能です。手作りケースには多方面でのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です