投稿日:

こだわりのケースを作ろう。スマホケースハンドメイドアイデア集

スマホケースを手作りすればこだわりのケースを作ることができます。身近な素材を使っても作れるので自宅で簡単にチャレンジできるのが魅力です。そこでオリジナルのスマホケースアイデア集をご紹介します。

ミシンを使って作る!布のスマホケース

布のスマホケースはプラスティックのように滑ることもなく、安心して持ち歩けます。また布もさまざまな柄が販売されているので、自分好みのケースが簡単に作れるのが魅力です。

布で作るスマホケース

用意するもの

  • 好きな布
  • 布用ボンド

作成手順1

まずは好きな布をカットするか、カット布を使います。一番簡単に作る方法は、布用ボンドを使う方法です。
まずは布のどこの部分を使うか決めます。そしてスマホケースに合わせて周囲2㎝ぐらいの部分をカットします。そしてボンドをケース全体に塗っていきましょう。ボンドを水で薄めて筆で塗るとまんべんなく塗りやすいです。

作成手順2

そのあとケース全体に布をペタッと貼り付けます。最初に背面を貼り付けてから側面を貼るとやりやすいです。しっかりくっついたら余分な部分の布をカットしましょう。仕上げに布の上からも水で薄めたボンドを塗ります。

参考サイトURL:https://book.nunocoto.com/make-2/201507307299/

ミシンを使う方法

ミシンを使う場合はまず厚紙を使って型紙を作ります。型紙はスマホの周囲から2cmほど大きくし、幅を取りましょう。

次に布の上に型紙を置いて、型紙に沿って鉛筆でなぞっていきます。布をカットし、ひっくり返したら厚紙を入れたまま外側をぐるりと縫い合わせます。表に返して、プラスティックのケースを置いたら、接着剤やボンドなどで貼り付けて完成です。

手帳型のケースも作ることができます。

参考サイトURL:https://suemari.com/report/r180403.html

UVレジンを使うおしゃれなスマホケース

丈夫なスマホケースを作りたい場合はUVレジンを使う方法があります。UVレジン液とUVライトを使うと自宅でも簡単に本格的なケースが作れます。しっかり固まるので、スマホを保護する意味でも安心です。

UVレジンは100円均一ショップでも手に入ります。また初めての方用のキットも市販されているのでそちらを利用するのもおすすめです。

UVレジンを使ったケースの作り方

用意するもの

  • 透明ケース
  • 封じ込めたいパーツ(押し花など)

UVレジンソフトをスマホケースに筆で伸ばします。そこに封じ込めたいパーツを配置に気をつけながら置いていきます。置いたら軽く押さえて気泡を出しましょう。最初にデザイン画などを描いておくと、慌てずに配置できるのでおすすめです。

キラキラパーツと一緒に封じ込めるのも良いですね。配置が終わったらUVライトで硬化させます。硬化後にもう一度レジン液を上から塗ってコーティングすると長持ちします。

アイデア例

海の模様を作る

カラーのレジン液を使う上級者テクニックです。最初に青と緑をベースにし、海の模様を作ったら硬化させます。その上から白のレジン液で水面を作りましょう。下部に砂浜をイメージしたパーツを置くとさらにリアルです。

ラインストーン

キラキラ輝くラインストーンは他のパーツと合わせやすいのが特徴です。押し花と一緒にしたり、宝石パーツやスワロフスキーと一緒にしたりするなどアレンジ方法はたくさんあります。キラキラしたスマホケースを作りたい方におすすめです。

キラキラが可愛い!ビジューやボタンを貼ったスマホケース

ビジューはボタンを透明ケースに貼るだけでも、キラキラと輝くオリジナルのスマホケースができあがります。

ボタンは通常ものの他、アンティークのものでも可愛いですね。接着剤で貼ったり、もっと丈夫にしたければ、UVレジンを使って硬化させたりしましょう。

UVレジンでの作り方は上記と一緒です。

使い込むごとに味がでる革のスマホケース

革のスマホケースは使っている内に表情が変わる魅力があります。革細工というと難しいイメージがありますが、スマホケースはサイズが小さいため、初心者にもおすすめです。最初はシンプルなデザインから始めると良いでしょう。

自分用としてだけでなくプレゼントとしてもおすすめです。

革のスマホケースの作り方

用意するもの

  • 元となるスマホケース
  • 厚紙

作成手順1

まずはどんなスマホケースにするかデザインを考えます。最初はシンプルにして、慣れたらこだわったデザインにしていきましょう。

作成手順2

スマホケースを元に型紙を作ります。ケースより5㎜ほど余白を取ります。そして実際にケースを型紙につけて折りたためるかどうか確認しましょう。
手帳タイプの内側のポケットを作る場合は、その型紙も用意しておきます。

作成手順3

型紙に合わせて革を切っていきます。縁から約3㎜の部分に菱目打ちで穴を開けます。穴を縫い合わせてケースを貼り付けます。
ポケットを縫い合わせる際は、最初に接着剤を使って貼り付けるとやりやすいです。

作成手順4

別に作っておいたベルトをつけます。あとは機種に合わせてカメラの穴などを開けたら完成です。

まとめ

スマホケースは自分で作ると好きなデザインにできるだけでなく、愛着がわいてきます。ぜひ次はスマホケースを手作りしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA