投稿日:

オーダーメイドでスマホケースを作るメリットとは?作り方や注意点を紹介!

自分が気に入るデザインのスマホケースが見つからない場合、自分でオーダーメイドのスマホケースを作るというのも一つの手段です。

しかし、自作のスマホケースを作るのはハードルが高いと思っている人もいるでしょう。

そんなことは無く、ポイントさえ押さえておけば自分の気に入るデザインのスマホケースが作れます。

この記事ではオーダーメイドのスマホケースを作る際のポイントや注意点、メリットなどを紹介します。

オーダーメイドのスマホケースを作るメリットって?

スマホケースをオーダーメイドで作ることは面倒と思う人もいるでしょうが、メリットもたくさんあります。

そこで、スマホケースを自作するメリットを5つ挙げてみました。

他の人と被らない

購入時に流行っているデザインだと自分が欲しいデザインのものを既に使っている人が身近にいるということも多いです。

そこでスマホケースを自作すれば、誰も持っていない世界に1つだけのスマホケースを使うことができます。

デザインの幅がかなり広いので、スマホケースで個性をアピールしたい人にはオーダーメイドがおすすめです。

自分の好きなデザインのケースが使える

スマホケースを買いに行ったら自分が気に入るデザインが見つからなくてしょうがなくあまり気に入っていないデザインのものを使っている人は少なくありません。

特にキャラクターものはデザインが限られており、デザインが気に入らないために公式グッズを使うことを諦めてしまう人もいます。

オーダーメイドなら自分でデザインを決めることができます。

買うより安いこともある

オーダーメイドの場合、デザイン料が発生しないため、一般で売られているスマホケースよりも価格が安いです。

プラスチックケースでもデザインにこだわれば1,000円以上であることが多いですが、自作の場合は1,000円以内に抑えることもできます。

もちろん素材などにこだわれば一般のものよりも高くなることもありますが、一般のものよりもオーダーメイドの方が安いことが多いです。

素材も好きなものを選べる

市販のスマホケースで使われている素材は革・布・プラスチックの3種類のどれかであることが多いです。

しかし、個性的なケースを作るために他の素材を使いたいこともあるでしょう。

オーダーメイドスマホケースの場合、紙など市販のスマホケースには珍しい素材を使うことができます。

もちろん革・布・プラスチックなど良くある素材でも好きなものを選べるので個性を出せます。

好きなキャラクター・芸能人のお気に入り画像を使える

先ほど解説した通り、公式から発売されているキャラクターや芸能人のスマホケースはデザインが気に入らなくて購入することを諦める人も多いです。

また、ジャニーズなどアイドルのグッズだと、使われている画像の映りが悪いこともあります。

そこでオーダーメイドなら好きなキャラクター・芸能人のお気に入りの画像を使ってスマホケースを作れます。

オーダーメイドスマホケースの活用場面はどんな時?

オーダーメイドスマホケースは様々な場面で活用できます。

そこで具体的にはどんな場面で活用できるのでしょうか。

オーダーメイドスマホケースの活用場面をチェックしましょう。

大切な人のプレゼントに

オーダーメイドのスマホケースなら、お気に入りの画像を使って作成することが可能です。

そのため、友達やパートナー、家族など大切な人へのプレゼントに良いと言えるでしょう。

誕生日や記念日などにスマホケースを自作する人も多いです。

プレゼントする相手の画像だけでなく、日付も入れることでより特別感を出すことができます。

大好きなキャラクター・芸能人のファン同士で集まる時に

キャラクターやジャニーズをはじめとするアイドルなどの芸能人のファンが集まる時にオリジナルグッズを自作して持参する人は多いです。

ファン同士で集まる時にオリジナルグッズを作成して持っていけば自慢できるでしょう。

それにスマホケースも好きなキャラクターや芸能人のものを使っていれば、いつでも好きなキャラクター・芸能人と一緒にいることができます。

そのため、推しへの愛をアピールする手段としても良いでしょう。

ちょっと目立ちたい時に

個性的なデザインのスマホケースを使っていれば、何もしなくても目立つことができます。

そのため、目立ちたいけれどもなかなか目立つための方法がわからないという場合にもオーダーメイドのスマホケースはおすすめです。

個性的なデザインを使っていれば、周りの人に声をかけてもらえるきっかけにもなります。

したがって、人見知りでなかなか周りの人に声をかけられない時にも便利です。

スマホケースでもオシャレを楽しみたい時に

やはり自分が気に入るデザインは自分で作るのが一番です。

したがって、自分なりのオシャレを楽しみたいと思っているのであれば、スマホケースを自分でデザインするのも選択肢の一つと言えるでしょう。

スマホケースをオーダーメイドで作成する場合、色だけでなく素材から自分でデザインを決められるので、自分の好きなファッションをスマホケースでもアピールできます。

雑貨のデザインに挑戦してみたい時に

雑貨のデザインに挑戦してみたいと思っていても、ファッションアイテムだと少しハードルが高いと感じる人は多いです。

そこでスマホケースなら自分しか使わないので手軽にデザインに挑戦できるうえに、周りの人にデザインを気に入ってもらうことができれば他の人のスマホケースのデザインをし、経験を積むことでデザイナーを目指すことも可能です。

オーダーメイドスマホケースの作り方

それでは、オーダーメイドのスマホケースはどのように作るのでしょうか。

そこで今回はスマホラボでオーダーメイドスマホケースを作る手順を紹介します。

スマホケースの種類を選ぶ

まずどんなタイプのスマホケースを作りたいのかを考え、自分が希望するデザインのものを選びましょう。

スマホラボでは通常のプラスチックタイプのスマホケースに加え、リング付きのものや防水ケースなど様々な種類から選べます。

また、表面を印刷するだけでなく、サイドも印刷することでより本格的なスマホケースを作ることが可能です。

デザインを決める

スマホケースの種類が決まったらデザインを決めましょう。

スマホラボではお気に入りの画像や文字・スタンプを配置するだけなのでとても簡単です。

文字に関しても様々なフォントが用意されていることから、かわいい雰囲気からオシャレな雰囲気まで様々なデザインのスマホケースを作成することが可能です。

購入する

デザインが決まったら画面右上の「カートへ進む」をクリックし、デザインしたスマホケースを購入しましょう。

購入画面では作成したスマホケースの最終確認ができます。

プレビュー画面で希望通りのデザインにできているかどうかを確認し、購入手続きを進めましょう。

決済方法はクレジットカード・代金引換・銀行振込の3種類ですが、急ぎでスマホケースを作りたい場合、クレジットカード決済が一番早く作れるのでおすすめです。

自宅への到着を待とう!

スマホラボでは支払いが確認でき次第、スマホケースの制作を行っています。

注文したスマホケースが自宅に届くまでの期間は最短3営業日となっているので、急ぎで自作のスマホケースが欲しいと思っているならなるべく早く注文をしましょう。

また、受付に関しては注文が14時より後になった場合だと翌営業日扱いになることから、急いでいるなら14時までに注文を済ませるのがおすすめです。

オーダーメイドスマホケースを作る時の注意点

オーダーメイドでスマホケースを作る場合、いくつか注意しなければいけない点があります。

そこで、スマホケースを自作する際の注意点も確認しておきましょう。

自分が使用している機種をしっかり確認する

同じiPhoneでも6と8ではサイズがかなり違います。

このように自分が使用している機種以外のものを注文した場合、折角こだわってデザインしたのに使えないために再度同じデザインで注文をしなければいけなくなってしまいます。

そうならないように、オーダーメイドのスマホケースを作る際にはしっかり自分が使用しているスマートフォンの機種を確認しましょう。

カメラレンズに素材が被らないように注意する

スマホケースを自作する人の中にはオリジナルのスマホケースをさらにデコレーションする人もいます。

その場合、カメラレンズに素材が被ってしまうと写真を撮影する時に素材がカメラに入り込んでしまうことがあります。

また、ラインストーンなど光るものを使用している場合にはカメラのフラッシュが反射して写真撮影に影響する可能性もあるので、さらにスマホケースをデコレーションする場合はカメラ周りに素材を置かないようにしましょう。

注文時にデザインをしっかり確認する

デザインができたということに満足してしっかり確認をせずに購入してしまう人も少なくありません。

特に側面の印刷があるかどうかという点はスマホケースを作成する際にとても大切であり、側面のデザインを忘れてしまうと少し安っぽい印象になってしまいます。

自宅に届いてから後悔しないように、デザインの確認も忘れずに行いましょう。

画像はなるべく画質が良いものを

オーダーメイドのスマホケースは好きな画像を選ぶことができる点が便利ですが、画質が悪すぎると目の粗い画像が印刷されてしまいます。

そうすると安っぽい印象になってしまうため、スマホケースを自作する場合はなるべく解像度が高い画像を選びましょう。

目安としては短辺が1183px以上、長辺が2171px以上のものがおすすめです。

コスト面の確認も忘れずに

オーダーメイドのスマホケースが作れる業者はたくさんあります。

そのため、スマホケースを自作する場合は複数の業者を比較して、なるべく安く作れる業者を選ぶのがおすすめです。

しかし、あまりにも安すぎると素材も安いので壊れやすい可能性があります。

したがって、価格だけでなく業者の評判もチェックし、最もお得に利用できる業者を選びましょう。

オーダーメイドのスマホケースを作るならスマホラボで!

スマホケースを作るのは難しいことと思っている人もいるでしょうが、スマホラボならお気に入りの画像や文字を配置するだけなのでとても簡単です。

様々な機種に対応しており、注文から到着までが基本1週間以内と早いので、オーダーメイドのスマホケースを作りたいと思っているならスマホラボを利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA